大人ニキビはこうしてできる!


大人ニキビができるメカニズム
大人ニキビが思春期ニキビとちがうところは、皮脂過剰だけが原因でできるニキビではないということ。
大人は思春期の頃よりもストレスを感じやすく、生理周期のホルモンバランスの乱れで簡単にニキビができてしまいがちです。そして、簡単にニキビになってしまうのに、思春期の頃とちがってなかなか治らないものです。だからこそ、ニキビのできるメカニズムを知ってニキビができないようにする必要があります。

大人ニキビとホルモンの関係
大人がニキビに悩むタイミング、それは生理前が多いのではないでしょうか。これは生理によるホルモンバランスの乱れが原因です。生理前の黄体期には、皮脂の分泌を促進してしまう黄体ホルモンが通常より多く分泌されています。その皮脂が毛穴につまることで「大人ニキビ」といわれるニキビができてしまうのです。

大人ニキビはどこにできる?
思春期とはちがい大人ニキビは皮脂の多いTゾーンだけではなく、頬にもできるようになります。顔のなかでも皮脂の少ない頬にもニキビができることは大人ニキビの大きな特徴です。これこそ、生理前などのホルモンバランスの乱れからできるニキビです。皮脂が少ない場所だからこそ、乾燥がニキビの発生を促進させているケースがほとんど。皮脂過剰を恐れず、大人ニキビの対策には肌をしっかり保湿することが大事なんです。

大人ニキビをつくらない

大人ニキビをつくらないためには、ニキビ用の洗顔料ではなく、無添加のものを選ぶことが基本。

クランジングオイルの使用は毛穴を詰まらせる原因になるので、なるべく使用しないことをおすすめします。