もずの魔法石鹸の成分って何が入っているの?


ニキビケアの化粧品って本当に色々あって迷いますよね~。
意外とドラッグストアなんかで何かいいのないかな~って見ていても
なかなか良い石鹸には巡り会えないものです…。

今はインターネットで何でも買える時代ですから
「通販限定」なんてところも多いんだそうです。
恐らく店頭で売り出すよりもコストパフォーマンスが押さえられるのでしょう。

通販限定の欠点としては今すぐに「実際に手にとってみれない」「試せない」。
もちろん、トライアルセットとかあるので、試せはするのですが、
何が入っているのか分からないと不安ですよね。
【もずの魔法石鹸】は、口コミで広まっているという話題の石鹸なのですが、なぜ人気なのか?そのヒミツに迫ってみましょう!
もずの魔法石鹸は【合成界面活性剤】を一切使用していないから安心!

主な成分は、モズクのヌルヌル成分である「フコイダン」。
このフコイダンを使用することでお肌に悪いといわれている
【合成界面活性剤】を排除することに成功したのです。

合成界面活性剤は、泡立ちをよくするために入れられている成分なのですが、実際は化学成分であるためあまりお肌には良いとは限らないのです。
それでも、このヌメヌメ成分が泡立ちを良くしてくれるので、
誰でもモッチモチの弾力があってキメの細かい泡ができあがるのです。
パラベンフリーの実現?!天然植物由来エキスで防腐剤ができた!

自然素材の石鹸には、防腐剤がだいたい入っています。
でも、防腐剤も化学成分の一つで「パラベン」という成分が
一般的に配合されています。そこで、注目したのが【植物由来100%の防腐剤】。イザヨイバラとベニバナのエキスを組み合わせることできたという。自然の防腐剤なので、安心なんです。

無着色・無香料

不自然な香りや人工的な着色は、実は敏感肌にとっては
お肌にダメージを与えてしまう場合があります!
私もこの前、ニキビケアに効くという石鹸を使ったんですが、
恐らく香料か何かのせいで顔がカブれてしまいました(T_T)

でも、もずの魔法石鹸には、そんな無駄な香料や着色料は
一切入っていないので、安心なんです♪

他の成分としては、カミツレエキスやローズマリーエキス、
ゴボウ根エキスなど、お肌にとても良い植物由来のエキスが
12種類も入っているので、良さそうですよね!