ニキビはからだの不調を知らせるサイン


ニキビはからだの不調のサインだって知っていますか?
体内の健康状態がよくないと、肌が荒れたりニキビができたりします。
特に大人ニキビの場合は、ストレスや乾燥、ホルモンバランスの乱れが主な原因としてとらえられがちですあ、ニキビのできる場所によって、身体の不調を自分に知らせてくれていることもあるかもしれません!

ニキビのできた場所を見て、身体の弱っている部分を改善しましょう!

<不調のサイン>
おでこにできるにきび
これはシャンプーやトリートメントなどのすすぎ残しで洗浄剤が肌について、肌が不清潔なため引き起こされていることがほとんどです。

ほっぺにできるにきび
特に思春期にできる人が一般的には多いみたいですが、男性は25歳をすぎてもよく頬にニキビができてしまうひともいますね。
これ男性ホルモンが影響しているようです。

鼻にできちゃうにきび
鼻にできるにきびはいっぱんてきに赤にきび。ポツンと少しとんがった感じのものですよね。ついつい鼻は触ってしまいがちな部分なのでなかなか治りが悪くて厄介。このニキビは、女性に特に多いです。
化粧品や紫外線で肌を刺激してしまうことが原因で、肌の新陳代謝が乱れ始めているサインです。また、気をつけたほうがいいのは、臓器の健康状態が芳しくない可能性があります。肝臓や大腸などの不調からくるにきびかもしれないということです。

口まわりのにきび
鼻の下や口の周辺にできるニキビは胃腸が不調のサインです!食べ過ぎやビタミン不足が原因でよくできるニキビです。
食生活を見直すきっかけにしてください。