ストレスコントロールでニキビをつくらない


大人ニキビの危険因子
大人ニキビをつくる内因性の危険因子は一般的にストレス、睡眠不足、偏った食事、便秘とされています。外因性の危険因子として挙げられるのは、紫外線の浴びすぎ、乾燥、薬、外部刺激、過度のスキンケア、メイク、たばこです。
体内循環を正常化することでニキビは防げます
女性の場合は、生理周期でからだに変化が起きるのと同時に食事にも変化があわられます。いつも以上に油っこいものや甘いものが食べたくなったり、食欲がなくなったり・・・。これはホルモンバランスの乱れによるものです。この波に負けないように、偏った食事にならないよう普段から気をつけておくことが大事です。
特に野菜不足は体内環境を悪くするので、野菜ジュースやサプリメントなどに頼りながら、必要摂取量をきちんと補給しましょう。

 

大人ニキビをつくらないストレスコントロール
大人ニキビをつくる原因としてストレスがあると言われます。
ストレスの感じ方が強いと自律神経系の機能が低下し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。これが原因となってできるニキビを大人ニキビと言います。ストレスは肌の新陳代謝を悪くさせるので、肌荒れを引き起こす原因にもつながります。
ストレスを感じない生活をしようなんて思わず、ストレスをうまくコントロールすることで大人ニキビをつくらないようにしましょう。
大人ニキビ対策のストレス解消方法
ストレスをためないために重要なのはからだをうごかすということ。
小さな動きではなく、スポーツなどを通してからだを大きく動かすことがポイントです。毎日簡単にできておすすめなのが、ラジオ体操です。深呼吸はひと精神を落ち着かせてくれるので、ストレス解消のためにはとてもおすすめできます。