お墓を跡継ぎする人がいない場合は?


少子高齢化が進み、子どもがいないまま余生を過ごして。孤独死や一人で亡くなってしまう人たちが跡をたちません。
その時に子どもがいない。つまり、お墓の跡継ぎがいない場合どうしたらいいのでしょうか。

お墓を継ぐ人がいないから終わりというわけではありませんし、
子どもがいなくてお墓を継ぐ人がいない人もいれば、子どもに負担をかけさせたくないから、お墓を継ぐ人を
選ばずに、違う方法でお墓を供養してくれる方法があります。
「地震に備えたお墓に」 | 戸塚区 | タウンニュース

それは、永代供養というものです。永代供養は、永代供養の共同墓があります。
永代供養墓は、一度一式の料金をはらえば、その後はお寺が永代にわたり、供養と管理をしてくれるのです。
その後の管理費やお布施、寄付金などは一切かからないので、お金がなくて困っている人にも人気なんです。

永代供養墓は共同墓でもあるので、合葬式の納骨堂(屋内タイプ)のものや、地下に合葬式の納骨堂を作って
地上に仏像や仏塔、碑を建てるタイプなどがあります。もちろん、普通のお墓のような個別のタイプもあるので、
みんなと一緒は嫌だという人は個別がおすすめです。

将来のことを考えて、受け継ぐ人がいない場合は、自分が気に入った環境などを
考えて永代供養墓を選んでおけば、自分に万が一のことがあったときに。その場所に埋葬されることになります。

お墓を選ぶポイントとしては、ちゃんと永代にわたって、供養と管理をしてくれるお寺さんを選ぶことが大切です。
よく話し合って、自分で眠る土地を決めましょう。